無料相談予約窓口 0120-489-022

相続税が心配なんですが?

相続税が課税される人は稀です

相続税には少なくとも5,000万円の基礎控除があり、相続財産の価格がこれより少なければ、相続税を支払う必要がありません。
したがって、ほとんどの人は相続税を心配する必要はありません。

生命保険の死亡保険金には注意

民法が定める相続財産の範囲と、相続税法が定める相続財産の範囲は異なっています
その典型例としては死亡保険金が挙げられます。
死亡保険金は、民法では相続財産に入りませんので、遺産分割協議の対象にもなりません。
しかし、相続税法では、死亡保険金は相続財産とされます。
つまり、死亡保険金が1億円存在する場合には、他に相続財産が全くなくとも、相続税が課税される可能性が出てきます。

どうしても相続税が心配な場合は・・・

相続税の計算には専門知識が不可欠ですので、税理士や税務署に確認されることをお勧めします。
※当事務所では、相続税申告に必要な資料収集のみをお手伝いさせていただき、相続税申告については、ご要望により税理士を紹介いたします。

困ったときは相続の専門家にご相談ください。

相続に関しては、ちょっとしたミスで手続が進まなくなったり、大きな損失を受けたりする可能性があります。
よほどの自信がない限りは、司法書士、行政書士といった相続手続の専門家にご相談されたほうが良いでしょう。
当事務所では、所属の司法書士・行政書士が初回無料にて面接相談を承っております(要予約)。
まずはご予約のため、お気軽にお電話ください。
Copyright(C) 2018 相続仙台どっとこむ All rights reserved.
LINEでこのページを教える