無料相談予約窓口 0120-489-022

相続とは

相続は他人事ではありません。

ときに「争族」と表記されるとおり、相続人が複数いる場合、遺産の分配に関して深刻な対立が生じることがあります。
また、相続による財産の名義変更は必ずしも簡単なものばかりではありません。
つまり、相続はある意味、親族に紛争をもたらし、あるいは親族に面倒な手続を強要するものであるとも言えます。
しかし、家族がいる限り、人は誰しも相続に直面する可能性を抱えています
言い換えるならば、人は一生に一度は相続を経験するのです。
ですので、相続は他人事ではありません
相続人同士の紛争を避け、財産を後の世代に承継させていくためにも、相続に関する知識を持っておくことは重要です。

そもそも、相続とは

ある人が死亡した際、その人が生前に所有していた財産・権利は相続人に受け継がれます。
これを相続と言っています。
相続によって承継されるのは、不動産・預金・株式などのプラスの財産だけではありません。
借金などの債務(マイナスの財産)も相続によって承継されます。
ただし、「借金を引き継ぎたくない」という場合には、相続放棄をすることによって借金の相続を免れることができます。
なお、相続放棄をせずに相続を受け入れることを単純承認といいます。

相続はいつ開始するのか?

民法882条が「相続は、死亡によって開始する。」と定めているとおり、相続が始まるのは、被相続人が死亡したときです。
相続人が被相続人の死亡の事実を知らなくとも、相続は自動的に始まります。

相続に関するポイント整理

ここで、相続に関するポイントを整理しましょう!!
  • 相続は他人事ではありません。いつかは経験することになります。
  • 相続によって、プラスの財産だけでなく、借金や滞納税金といったマイナスの財産も承継されます。
  • 相続を希望しない場合には、相続放棄をすることができます。
  • 相続は、被相続人の死亡によって自動的に始まります。

相続のことでお悩みなら専門家へ

誰しもが経験するとは言っても、相続のために準備している方は少数です。
ほとんどの方は、いざ相続に直面してみて「どうしたらいいのか全く分からない」と悩みを抱えることになります。
当事務所では初回面接相談を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。
専門の司法書士が対応させていただきます。
Copyright(C) 2018 相続仙台どっとこむ All rights reserved.
LINEでこのページを教える