お気に入りに追加

生前贈与

生前贈与

亡くなってからではなく、ご自身が生きているうちに財産を受け継がせたい。

このような希望を叶えるためには、遺言や相続手続ではなく生前贈与を活用することをお薦めします。

贈与の契約書

贈与をするためには、原則としてあげる人(贈与者)と、もらう人(受贈者)の合意があればよく、契約書などを作る必要はありません。ただ、もらう人(受贈者)に登記名義を移す際には契約書が必要になりますし、書面によらない贈与は撤回ができてしまいます。大きな財産を譲るということを自覚していただくためにも契約書は作っておくべきです。

負担を付けた贈与

贈与をする際に、もらう人(受贈者)に何らかの負担をしてもらうことも可能です。

例えば、あげる人(贈与者)が自身の老後の面倒をみてもらうことを条件にマンションを贈与するなどの契約がこれに当たります。

負担付贈与をすれば、あげた人(贈与者)は、もらう人(受贈者)が定めた負担を行わない場合に贈与した財産を返してもらうことができます。

贈与と税金

贈与税という税金を聞いたことがあると思います。もらった人(受贈者)が払う税金です。

  • 一年間で一定額までの贈与は税金がかからない仕組み
  • 親子間(推定相続人への)贈与の場合は支払った贈与税を相続時に清算するという仕組み
  • 両親から住宅資金の援助を受けた際に使える特例
  • 配偶者に対する贈与の優遇措置

贈与税に関しては様々な特例や優遇措置が用意されています。

これらの優遇措置や特例措置を受けるためには、要件を充たした上で、税務署へ申告する必要があります。税理士や税務署に相談されることをお薦めします。

⇒ 相続税対策についてもっと詳しく知りたい方はこちら

税抜60,000円~の不動産の生前贈与サポート

※実費は別途頂戴します。
※不動産の価格・形状・所在地・数、当事者の人数等によって報酬が増加する場合があります。

登記(司法書士)と税申告(税理士)による生前贈与パック

High Fieldグループに生前贈与の手続をご依頼いただいた場合、不動産の生前贈与に関する登記手続と税の申告をセットで150,000円(税抜)~でお受けしております。生前贈与の手続を行いたい方はお気軽にご用命ください。

※実費は別途頂戴します。
※不動産の価格・形状・所在地・数、当事者の人数等によって報酬が増加する場合があります。
※贈与に関するコンサルティングをご希望の場合は、別途料金を頂戴します。

生前贈与は専門家へ

贈与による所有権移転登記のこと、税金のことなど、贈与の手続は当事者のみで行うことが難しい手続です。

High Fieldでは、グループ内の贈与に強い税理士と司法書士がチームを組んで皆様のご依頼に対応させていただきます。
贈与に関心をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
税理士・会計士 田中康治

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真