お気に入りに追加

遺産整理(預貯金の払い戻し、名義変更+不動産登記)

故人名義の預貯金を払い戻してもらうには?

預貯金も相続の対象になります。

故人から預貯金を相続した相続人は、原則として、その預貯金口座を解約して払戻しを受けてから、自分名義の預金口座に預け入れる(または振り込む)ことになります。

故人名義の預貯金口座は凍結される

金融機関は、口座名義人の死亡を確認するとその口座を凍結します

誰が預貯金を相続するかが決まっていないにも関わらず、一部の相続人が勝手に預貯金を払い戻したりすることのないよう、遺産分割が確定するまでは預貯金を動かせないようにしてしまうのです。

凍結された口座から預貯金の払戻しを受けるためには、誰が預貯金を相続するのか確定させ、金融機関に証明する必要があります。

具体的には、遺産分割協議書や遺言書を添え、自分が相続人であることを証明して払戻しを請求することになります

預貯金の相続・名義変更は大変!

預貯金の名義変更は、それなりに手間がかかります。

自分でやろうとしても、一度ではなかなか必要な書類を揃えられません。

結果として、銀行に何度も足を運び、そのたびに銀行員から「この書類が足りない、ここのハンコが足りない」と言われてイライラすることに。

その証拠に、ある銀行員はこう言っていました。

どうして預貯金の相続手続は大変なの?

このように、預貯金の相続手続は結構大変ですが、これには、次のように何点か理由があります。

  • 揃える資料がかなり多いし、ハンコや署名をする箇所も多い
  • 銀行が慎重である(銀行としては、後になって他の相続人からクレームがつかないようにしたい)
  • 実は、預貯金の相続手続に慣れていない銀行員が意外に多い

一番問題なのは、「預貯金の相続手続に慣れていない銀行員が意外に多い」ことです。

特に、規模の小さい金融機関では慣れていない人が多いです。

たしかに、預貯金の相続手続によって銀行が何か利益を得るわけではありませんから、あまり労力を割けませんよね。

銀行員が慣れていないとどういうことになるか、見てみましょう。

あなた「名義変更に必要な書類を教えてください。」

銀行員「ちょっと待ってくださいね。・・・(かなり待たされてから)・・・ええと、●●と▲▲を揃えてもらう必要がありますね。」

あなた「分かりました。揃えてから持ってきます。」

あなた「この前言われた書類を揃えて持ってきました。よろしくお願いします。」

銀行員「ちょっと待ってくださいね。・・・(かなり待たされてから)・・・申し訳ありません。●●と▲▲は揃ってるんですが、今回の場合には■■も必要でして。」

あなた「そうなんですか・・・。一度で教えてくれればいいのに。しょうがないから、また来ます。」

銀行員「申し訳ありません・・・。」

あなた「今回こそは大丈夫ですよね?」

銀行員「おそらくは・・・。確認しますので少々お待ちください。・・・(かなり待たされてから)・・・非常に申し上げにくいのですが、■■には他の相続人にもハンコをいただく必要がありまして・・・。」

あなた「そうなんですか・・・。でも、この前は他の相続人のことなんか言ってなかったじゃないすか!なんで一回で言ってくれないんですか?」

銀行員「本当に申し訳ありません・・・。」

これはよくあるケースです。

実際、当事務所が預貯金の相続手続のご依頼をいただき、事前に何度も「これとこれを揃えれば大丈夫なんですね?」と念押しをしていても、いざ銀行に行ってみると書類の追加を求められることがあります。

ある程度のポイントを知っている当事務所が確認してもそうなのですから、ポイントを知らない一般の方が必要書類等を確認した場合には、なおさらしっかりした回答が得られない場合が多くなります。

※ もちろん、預金の相続手続に慣れており、スムーズに進めてくれる銀行員もいます。

税抜150,000円~の預貯金の相続サポート

手間のかかる預貯金の相続手続は専門家にお任せ!

これまで見ていただいたように、預貯金の相続手続はかなりの手間がかかります。

このような預貯金の相続手続は専門の司法書士にお任せください。

当事務所では、お客様のご要望に応じて、プランをご用意しております。

詳しい料金はこちらのPDFファイルをご覧ください。
詳しい料金はこちらのPDFファイルをご覧ください。

※ 実費は別途頂戴します。
※ 上記はあくまでも報酬の目安です。預貯金の口座数、金額、相続人の数、戸籍の数等により、報酬が加算される場合があります。
※ 当事務所が遠方の金融機関に出向く場合、交通費及び日当を別途頂戴します。

他社サービスとの比較

High Fieldの相続手続は圧倒的にお得!

High Fieldの遺産整理プラン(不動産の登記、預貯金の解約分配などの相続手続一式)は、信託銀行等の類似サービスと比較して圧倒的にお得です。
遺産の額が3,000万円(ご自宅不動産の相続と預貯金の相続手続)の場合、一般的な信託銀行の遺産整理業務の場合1,000,000円~であるのに対し、High Fieldの場合は400,000円です

しかも、信託銀行の遺産整理業務では別途不動産登記に関する司法書士への報酬が必要であるのに対し、High Fieldの遺産整理プランですと不動産登記に関する司法書士報酬も含まれています

また、High Fieldでは相続税の申告に関してもグループ内税理士と連携してワンストップでのお手続が可能です。
※税理士への報酬は別途必要となります。

High Fieldの遺産整理の特徴

原則として、あなたが銀行に出向く必要ナシ!

預貯金の相続手続のためには、銀行の営業時間内、つまり平日の3時までに直接銀行に出向かなくてはなりません

仕事をしている場合には、なかなかの負担です。

銀行が遠方だった場合には、さらに大変です。

この点、当事務所に預貯金の相続手続をお任せいただいた場合には、原則として相続人が銀行に出向く必要がありません

※ 銀行によっては、相続人の同席を求められる場合があります。

司法書士が一度預かって分配することも可能!

あまり相続人同士の仲が良くない場合には、相続手続のために銀行に一緒に出向くのは難しいのではないでしょうか。

かと言って、誰か一人が銀行に行って手続を進めるとなると、その相続人が他の相続人の分のお金を一時的に預かることになってしまいますが、それも非常に困ります(あまり信用できないので、他の相続人にお金を預けたくない)。

当事務所にお任せいただいた場合には、原則として当事務所のみが銀行に出向いて手続を進めますから、仲の悪い他の相続人に会うことはありません

また、基本的に当事務所が払戻しを受け、中立の立場で分配を行いますので安心です。

※ 銀行によっては、相続人が同席しなければ払戻しを受けられない場合があります。

手間のかかる相続登記は司法書士にお任せ!

当事務所の遺産整理では、面倒な不動産の相続手続についても、プランに含まれています。

明朗会計で一括サポート!

相続手続は、始めてみなければ料金が確定しない性質を持っています。

しかし、それでは依頼するお客様は不安になってしまうでしょう。

そこで当事務所では、典型的なご依頼のパターンをまとめて、一目で分かる料金プランを作成しました。

これにより、預貯金の相続までを明朗な料金でまとめてサポートできるようにしております

また、料金プランの内容を超える場合であっても、事前に見積りをお示ししております。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

繰り返しご説明したとおり、預貯金の名義変更は非常に手間がかかります。

何らかの理由で相続手続を進めるのが難しく、High Fieldの遺産整理サポートにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

親身に対応させていただきます。

預貯金の名義変更のポイント整理

ここで、預貯金の名義変更のポイントを整理しましょう!!

  • 預貯金も相続の対象となりますので、相続人名義に変更したり、払戻しを受けたりすることができます。
  • 被相続人の死亡が分かると、金融機関は口座を凍結してしまいます。
  • 遺言がある場合、遺産分割協議前の場合、遺産分割協議後の場合で、必要な書類は異なります。
  • 実際に名義変更手続を行う際には、必要書類について事前に金融機関に確認する必要があります。

遺産整理は専門家にお任せ!!

預貯金の名義変更は金融機関ごとに違う書類が必要になることが多く、非常に面倒な手続であると言えます。

また、各金融機関に戸籍の原本を提出しなければなりませんので、相当数の戸籍を取得しなければなりません。

非常に手間と時間のかかる手続になりますので、専門家である司法書士にお任せいただいたほうが、早く、確実に進めることができます。

当事務所では初回面接相談を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。

専門の弁護士・司法書士が対応させていただきます。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
税理士・会計士 田中康治
弁護士 宮本洋一

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真