お気に入りに追加

相続登記(不動産の名義変更)

相続登記とは

故人から不動産を相続する際、登記名義を故人から相続人に変更する手続を行います。

この不動産の名義変更を相続登記といいます。

土地や建物は、それらの所在地を管轄する登記所(法務局またはその支局、出張所)がその管理を行っていますので、そちらで相続登記の手続を行っていただくことになります。

相続登記はなぜ必要?

相続登記は義務ではなく、行わなくとも違法とはなりません。

しかし、相続登記を行わず、不動産の名義変更をせずに放置しておいた場合、次のような問題が発生します。

  • 故人の名義のままでは、売却したり、担保に入れたりすることができません。
  • 時間が経つにつれて相続人が死亡し、相続関係が枝分かれして複雑になっていきます。相続人が数十人まで増えてしまうと、不動産を処分することができなくなってしまいます。
  • 相続登記を放置し、相続関係が複雑になってから司法書士に依頼した場合、早めに依頼した場合よりも多くの費用がかかります。

以上のように、相続登記を放置するとデメリットがあります

これに対して、相続登記を放置するメリットは全くありません

相続登記は早めに済ませることをお勧めします。

相続登記の流れ

相続登記の基本的な流れは次のようになります。

  1. 戸籍を集めて相続人を調査する
  2. 相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する/li>
  3. 相続登記に必要な書類を収集する
  4. 相続登記申請書を作成する
  5. 登記所(法務局)に登記申請を行う

1.戸籍を集めて相続人を調査する

相続登記を申請する前提として、戸籍を集めて相続人の調査を行う必要があります。

2.相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する

相続人が確定したら、相続人全員で遺産分割協議を行い、誰がどの不動産を取得するかを決めます。

遺産分割協議が終わったら、遺産分割協議書を作成し、相続人の全員が署名と捺印を行います。

3.相続登記に必要な書類を収集する

相続登記のためには、戸籍謄本や遺産分割協議書の他、住民票、印鑑証明書、固定資産評価証明書などを収集する必要があります。

4.相続登記の申請書を作成する

相続登記の際には、不動産登記法が定める記載事項に従って登記申請書を作成します。

5.登記所(法務局)に登記申請を行う

収集した書類と登記申請書に登録免許税を合わせて登記所に登記申請書を提出します。

提出した書類に不備がなければ1週間程度で登記が完了し、登記識別情報(不動産の所有者だけが知るパスワード)が交付されます。

これは再発行ができませんので、大切に保管して下さい。

税抜40,000円~の相続登記サポート

手間のかかる相続登記は司法書士にお任せ!

当事務所では、お客様のご要望に応じて、プランをご用意しております。

詳しい料金はこちらのPDFファイルをご覧ください。

※ 実費は別途頂戴します。
※ 上記はあくまでも報酬の目安です。不動産の数、所在地、評価額、相続人の数、戸籍の数等により、報酬が加算される場合があります。

High Fieldの相続登記サポートの特徴

あなたは書類への署名捺印と、印鑑証明書を取得するだけ!

不動産の相続手続を進めるためには、かなりの数の書類を集めなければなりません。

また、遺産分割協議書にはいろんな人からハンコをもらわなければなりません。

記載ミスがあるとやり直しです。

この点、当事務所に相続登記・不動産の相続をお任せいただいた場合には、ほとんど全ての書類を司法書士側で集めます

お願いするのは、遺産分割協議書や委任状への署名捺印と、印鑑証明書の取得のみ

ほとんど手間はかかりません。

明朗会計で一括サポート!

相続手続は、始めてみなければ料金が確定しない性質を持っています。

しかし、それでは依頼するお客様は不安になってしまうでしょう。

そこで当事務所では、典型的なご依頼のパターンをまとめて、一目で分かる料金プランを作成しました。

これにより、戸籍集めから相続登記の申請までを明朗な料金でまとめてサポートできるようにしております

また、料金プランの内容を超える場合であっても、事前に見積りをお示ししております。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

不動産の相続は非常に手間のかかる手続です。

何らかの理由で不動産の相続手続を進めるのが難しく、High Fieldの相続登記サポートにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

親身に対応させていただきます。

関連ページ
売却や有効活用はお任せください!
遠方からのご依頼もOK!
相続登記サポート 31,500円~
遠方に不動産がある場合もOK!

相続登記(不動産の名義変更)のポイント整理

ここで、相続登記に関するポイントを整理しましょう!!

  • 相続を機に、不動産の名義を相続人に変更することを俗に相続登記と言います。
  • 相続登記は義務ではありませんが、放置しておくといろいろなデメリットがあります。
  • 相続登記が終わると、登記識別情報(所有者パスワード)が交付されます。
  • 相続登記には様々な書類が必要になりますが、事案によって異なります。
  • 相続登記を誰かに任せたい場合には、登記の専門家である司法書士にご依頼いただくことになります。

相続登記は司法書士へお任せ!!

相続登記を放置しておいても、何も良いことはありません。

特に、複雑な事案ほど放置してしまいがちですが、複雑な事案を放置しておくと、時間の経過とともにさらに複雑になってしまい、最悪の場合には司法書士や弁護士でも解決不可能になってしまいます。

そのため、相続登記は早めに済ませてしまいましょう。

相続登記は集める書類も多く非常に複雑な手続ではありますが、司法書士にお任せいただければ、早く、確実に手続を進めることができます。

「すぐに依頼するのは不安だ」という方も、当事務所では初回面接相談を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。

専門の司法書士が対応させていただきます。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
税理士・会計士 田中康治

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真