お気に入りに追加

相続財産の種類

相続財産には何が含まれる?

被相続人(故人)から相続人へと相続される財産を相続財産と言います。

これは遺産と呼ばれることもあります。

相続財産には、不動産、家財道具、預貯金や貴金属などの金品のほか、著作権など目に見えないものも含まれます。

さらに、借金や連帯保証債務などのようにマイナスのものも財産として相続されます。

対して、年金の受給権や弁護士などの資格のように、故人に専属する権利(一身専属権)は相続財産には含まれません。

亡くなられてから日が経ちますと調査も難しくなりますし、特に、相続の放棄をされる場合は手続に期限がありますので、相続財産の把握は早めに済まされることをお勧めします。

相続財産に含まれるもの

プラスの相続財産

  • 不動産(土地、建物)
  • 自動車
  • 船舶
  • 預金、貯金
  • 手形、小切手
  • 債権(売掛金、貸付金など)
  • 株式、投資信託
  • 著作権
  • 電話加入権
  • 賃借権(借地権、借家権)

マイナスの相続財産

  • 借入金
  • 買掛金
  • 賃料支払義務
  • 連帯保証債務
  • 未払いの税金(固定資産税、所得税、住民税、事業税など)
  • 未払いの社会保険料(国民健康保険料、国民年金保険料など)

相続財産に含まれないもの

  • 年金の受給権
  • 弁護士、司法書士、税理士などの資格

相続財産に関するポイント整理

ここで、相続財産に関するポイントを整理しましょう!!

  • 著作権や賃借権などの目に見えない権利(債権)も相続財産に含まれます。
  • 借金や連帯保証債務などのマイナス財産も相続財産に含まれます。
  • 年金受給権や弁護士資格などは相続財産に含まれません。
  • 相続開始から時間が経つと相続財産の調査が難しくなりますので、早めに調査を行いましょう。

相続財産の調査は専門家にお任せ!!

相続財産、とりわけマイナスの相続財産の調査は、間違えると大きな債務を負担してしまう可能性があります。

被相続人が個人事業者や会社の経営者である場合、借金や連帯保証債務が存在する可能性が非常に高いですから、こうした場合に自分で相続財産の調査を行うのは危険です。

よく分からない場合や自信がない場合には相続の専門家へのご依頼をお薦めします(※)。

※ 例え相続の専門家であっても、全く資料がない状態から相続財産を全て探し当てることはできません

当事務所では、専門の司法書士・行政書士が皆さんの相続財産調査をお手伝いいたします。

「すぐに依頼するのは不安」という方も、当事務所では初回面接相談を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
税理士・会計士 田中康治

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真