お気に入りに追加

生命保険金の受取

生命保険金の請求はいつまで?

故人が生命保険の被保険者となっていた場合、保険会社に対して死亡保険金を請求します。

死亡保険金の受取人は、保険会社に対して遅滞なく、被保険者が死亡したことを通知しなければなりません(一般的には、死亡から2ヶ月程度のうちに通知を行うものとされています。)。

なお、保険金請求権にも消滅時効があります。

被保険者の死亡から3年間が経過すると保険金を請求できなくなる可能性がありますのでご注意ください(時効が完成しても、保険会社によっては保険金を支払う場合があるようです)。

平成22年4月1日以降の消滅時効(保険法)

平成22年4月1日以降の契約の場合、保険法上、死亡後3年以内に保険会社に請求を行わないときは、保険金請求権が時効により消滅します。

平成22年3月31日以前の契約の場合(商法)

保険法が施行される前は、商法により、死亡後2年という消滅時効が定められていました。

ただし、通常は保険約款の中に、消滅時効を3年間に延長する規定があり、この場合は3年以内に請求を行えばいいということになります。

誰が請求するのか

請求者は、原則として契約により指定された保険金受取人ですが、特定の受取人がいない場合は、それぞれ次の人が受取人となります。

  • 受取人が「相続人」と指定されている場合:相続人代表者
  • 受取人を指定していない場合:法定相続人
  • 指定受取人が死亡している場合:指定受取人の法定相続人

これらの場合、基本的な必要書類のほか、個別のケースに応じた書類の提出が必要となります。

生命保険金に関する注意点


故人が保険の被保険者で受取人が相続人の場合、死亡保険金は契約に基づいて相続人に支払われるものであるため、厳密には相続財産には含まれません。

つまり、他の相続人に対して、相続分に応じて分け与えなければならない性質のものではありません。

ただし、「他の相続人との間に著しい不公平が生じるような場合(例えば保険金が高額だったり、相続財産に対する比率が高かったりした場合)は、故人から相続財産の前渡しを受けたものとしてそれらを相続財産に含める」と裁判所が判断した事例も過去にあります。

このような場合は、他の相続財産と同様に相続人間で遺産分割協議を行う必要がありますので、ご注意ください。

なお、死亡保険金は相続税法上において相続税の対象となりますので、申告が必要です。

保険金請求に必要な書類

死亡保険金の請求には、一般的には次のような書類が必要になります。

  • 保険証券
  • 保険料領収書(最終分)
  • 死亡診断書または死体検案書
  • 被保険者の住民票・戸籍(または除籍)謄本
  • 保険金受取人全員の戸籍謄本
  • 保険金受取人全員の印鑑証明書
  • 契約印

上記が基本となる必要書類ですが、死亡原因や受取人の状況によって必要書類が異なりますので、事前に各保険会社に確認する必要があります。

生命保険金の受取りに関するポイント整理

ここで、生命保険金の受取りに関するポイントを整理しましょう!!

  • 生命保険の死亡保険金は、3年間請求しないと消滅時効が完成してしまいます。
  • 保険契約の中で保険金受取人が指定されていない場合には、相続人が保険金の受取人になります。
  • 死亡保険金は相続財産に含まれませんが、判例が変更される可能性もあります。
  • 死亡保険金は民法では相続財産に含まれませんが、相続税法では相続税の課税対象財産になります。

生命保険金の請求はお任せ!!

生命保険金を請求する際には、保険会社に対して戸籍謄本等を提出しなければなりません。

手間と時間のかかる手続になりますので、専門家である行政書士にお任せいただいたほうが、早く、確実に進めることができます。

当事務所では初回面接相談を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。

専門の弁護士・司法書士が対応させていただきます。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
税理士・会計士 田中康治
弁護士 宮本洋一

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真