お気に入りに追加

相続欠格

相続欠格とは

相続欠格とは、一定の欠格事由に該当する場合に、法定相続人から相続資格を奪う制度です。

相続人が欠格事由に該当する場合には、被相続人の意向にかかわらず相続資格を失います。

つまり、被相続人が許したとしても相続欠格者の相続資格が回復することはありません。

この点は廃除と異なります。

相続欠格事由

民法891条は、次の相続欠格事由を定めています。

  1. 故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
  2. 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者(ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは除かれる)
  3. 詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
  4. 詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
  5. 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

相続欠格の効果

相続人が相続欠格事由に該当した場合、家庭裁判所等での何か手続をしなくとも、その相続人は相続資格を失うと考えられています。

なお、相続開始の前後を問わず、欠格事由が生じれば当該相続人は相続資格を失います。

相続欠格がある場合の実際の処理

相続欠格に該当する相続人がいる場合、その者に遺産を分け与える必要はありません。

しかし、ある相続人が相続欠格事由に該当するかどうかは必ずしも明らかではなく、相続欠格を理由にその相続人を相続から除外することは簡単ではありません。

例えば、遺言を偽造した相続人が、「自分が遺言書を偽造した」と簡単に認めるはずはありません。

また、仮に「自分が遺言書を偽造した」と認めても、だからと言って遺産がいらないとは言わないでしょう(そもそも遺産を多く欲しいために遺言書を偽造するわけですし)。

結局、ほとんどの場合において、その相続人が相続欠格に該当するかどうか裁判所の判断を仰ぐことになるはずです。

相続欠格に関するポイント整理

ここで、相続欠格に関するポイントを整理しましょう!!

  • 相続欠格とは、被相続人を殺害したり、被相続人を脅迫して遺言をさせたり、遺言書を偽造したりした相続人(要するに、悪いことをした相続人)の相続権を当然に失わせる制度です。
  • 被相続人が許しても、相続欠格は回復しません。
  • 実際には、相続欠格者がいても、その人が素直に「自分は遺産を受け取らなくてよい」と言わない限り、裁判沙汰になる可能性が高いです。

相続欠格のことでお悩みなら専門家へ

相続欠格者がいる場合には代襲相続が発生しますので、相続関係が複雑になります。

また、そもそも、相続欠格に該当するかどうかの判断も一般の方には難しいと思われます。

当事務所では初回面接相談を無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。

専門の司法書士が対応させていただきます。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
税理士・会計士 田中康治

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真